• ホーム
  • EXCELグラフと血圧管理と神経障害予防にコバシル

EXCELグラフと血圧管理と神経障害予防にコバシル

2019年11月05日

高血圧は数多くの疾患のリスクファクターとなる生活習慣病の一つであり、自覚症状を伴わないことから日々の管理が重要になります。
三大生活習慣病とも呼ばれる高血圧、脂質異常症、糖尿病の中では高血圧は気軽に数値を測定できるという点で自己管理が行いやすいものであり、EXCELグラフを使った血圧記録をつけていくと容易に自己管理を行うことができます。
高血圧に対する認識の高まりの影響を受けて、EXCELグラフのテンプレートも数多く作成されており、EXCELグラフの使い方が詳しくわからなくてもパソコンさえ使えればすぐに記録を付けられるようになります。
三大生活習慣病はいずれも生活習慣に起因していることから合併することが多く、高血圧患者が糖尿病を患うことも多々あります。
糖尿病性神経障害は糖尿病となった際によく見られる症状の一つですが、高血圧患者に末梢神経障害が見られることも増えてきました。
三大生活習慣病は互いに神経障害のリスクとなることから一つ一つの疾患をしっかりとコントロールしていくことが大切となります。
糖尿病等を併発している患者の血圧のコントロールにおいてはコバシルが広く用いられています。
ACE阻害剤であるコバシルは腎臓の保護作用があるとされることから糖尿病を合併している高血圧患者では第一選択となります。
これは腎臓から分泌されるレニンが関与しているレニンーアンジオテンシン系の調節にACE阻害剤が関わっていることが関与していると考えられています。
コバシルと並んで用いられるのがアンジオテンシン2受容体阻害剤であり、コバシルに比べて副作用が少ないとされていることからより選択されることが多くなっています。

関連記事
コバシルと高血圧は鶴ヶ島市の対策と活性酸素療法

鶴ヶ島市では他の多くの市町村と同様に生活習慣病の予防と早期発見のための取組みを盛んに行っています。特定健診や特定保健指導を約半年間にわたって実施しており、40歳から74歳までの国民健康保険加入者は鶴ヶ島市では原則として無料で諸々の検査を受けることができます。血圧測定と血液検査、尿検査から高血圧、脂質...

2019年10月11日
鶴ヶ島市でも多い高血圧にはコバシルと活性酸素を除去

鶴ヶ島市でも多い、高血圧は、高齢者に多い病気の1つですが、常に血圧が高いことによって、血管などを傷つけてしまったり、動脈硬化を起こして、脳梗塞や心筋梗塞につながるなど、致命的なダメージを受けてしまう場合も少なくありません。高血圧になってしまった場合は、医師の指示に従って、生活を送ることが大切になって...

2019年09月14日
コバシルが第一選択薬の時に服用で飲料に選べる種類

コバシルは水分で飲み込む錠剤ですから、第一選択薬として適した飲料を選び、体に良く吸収される事が望まれます。血圧を高める物質を阻害するコバシルなので、必要な時に素早く取り込まれる飲料が好ましく、逆に作用を強めない点も重要ですから、水が最も飲み込むのに適した選択です。また、病状によって第一選択薬は異なり...

2019年08月15日
医薬品の併用は医師の指示をよく聞いて

風邪を引いているけれど以前から胃の調子が悪いなど、複数の部分で医薬品のお世話になることがある人も多いのです。しかし、その病状などによって処方される医薬品の併用は、一部の病状に副作用をもたらすリスクがありますので、確認しておくことが重要です。たとえば、風邪を引いているけれど高血圧の薬を服用しているなど...

2019年07月31日
併用されることが多い降圧薬の組み合わせ

高血圧の薬として一般的な降圧薬は、併用することによって副作用が生じるリスクがあるので、その組み合わせを確認しておき、現在既往症などによって医薬品を飲んでいるときには医師に相談しておくべきとされています。降圧薬は比較的のみあわせが多いので、確実に覚えておくことが大切です。まず第一に通風の薬などの利尿薬...

2019年07月03日
コバシルはよく効き、安全性も高いと評判

コバシルには2種類あり、コバシル2mgとコバシル4mgとありますので、その効果は病名により違いますので、自分に合った方を服用してください。コバシル2mgは、「ペリンドプリルエルブミン」を主成分とした血圧を下げるお薬で、その他に腎臓病や心臓病にも良く効くそうです。コバシル4mgもまた、血圧を下げるのに...

2019年06月06日
コバシルは他の降圧薬との併用が多い

コバシルを使用する場合の重要な基本的注意として、両側性腎動脈狭窄のある患者において、腎血流量の減少や糸球体濾過圧の低下により腎機能を悪化させる点があります。治療上、やむを得ない場合を除き使用はさけるべきです。また、他の降圧剤との併用において禁じられているのは、アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリ...

2019年06月18日